SSブログ

構成パッド名同士の比較 [EXCEL Macro(J)]

基板設計時にロードするネットリストの内の接続情報と設計後にAltiumPCBなどから
生成するネットリスト(逆ネット)はどなたも比較されているでしょう。

しかし、それはネット名での比較です。
正ネットの構成パッド数と逆ネットの構成パッド数が同じかどうかまではチェックできません。

正ネットが下記の場合(ネット名を無視して構成パッド名のみのリスト)
U1-1
:
U1-12
U1-13


逆ネットが下記の場合(ネット名を無視して構成パッド名のみのリスト)
U1-1
:
U1-12

諸事情でネット名が別のグループに移動するなどしてネットリスト同士の比較ができないという
特殊な場合の話です。
(設計の最後にすべてのパッドに金メッキを掛けるためにただ1つのネットにする場合など。)

EXCELマクロでネットリストの接続情報を構成しているパッド名だけを抽出します。
両者でその数をチェックします。
違っていれば相違があるということになります。

逆ネットの場合はNCのパッドからはネット名とそのパッド名は出力されないことに着目
しなければなりません。
(回路図の場合は1つのノードでも出力される場合がありますが、PCBCADではどの機種でもそれは出力
されないでしょう。)

実際に試してみましたが確かにエラーチェックすることが可能でした。
ネット名を無視するので改版時の部品の増減の下調べにも利用可能です。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。