SSブログ

取り付け金属部分の小型化 [Devices (J)]

ミニUSBコネクタの使用することもありますが、それの3D化もしています。
そういう作業をしていて気が付くことがあります。

表面実装部品とディスクリートで金属部分を折り曲げる方向を代えるだけで対応することです。
これがいい例でディスクリートの型番では長穴部分に0.8mmしか入り込めません。

https://media.digikey.com/pdf/Data%20Sheets/Hirose%20PDFs/UX60S.pdf

ミニUSBのせいもあるのでしょうが板厚が薄い基板でないと半田面には出てきません。

スイッチング電源などでもリード線を外に折り曲げて対応する場合があります。
フォトカプラーは絶縁距離の違いで折り曲げ方を代えて対応しています。

金属部分を共用しないと販売価格にも反映せざるを得ないので仕方ないことでしょう。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。